シトルリン 効果なし 口コミ

シトルリンは効果なしなの?

 

シトルリンのみならず、話題になっているサプリメントの多くが、良く効くと絶賛されている一方で、効果なしといった意見や、求めている効果を期待するなら意味がないなどと否定的な評価をされています。

 

シトルリンに関しても、ED薬のように使うなら意味がないといった意見が言われていたり、ダイエットには効果なしなんてことがインターネット中で見つけることが出来ます。
ここでは、シトルリンは意味がない説について、紹介します。

 

シトルリンは効果なしなの?

シトルリンは効果なしといった評価をしている人間の多くは、やはりその効果を過大に期待しているという共通点があります。
例えば、男性の精力剤としての利用を考えている方が多いのですが、バイアグラやシアリスといった「ED治療薬」のように性行為の30分から1時間前に服用すれば、性的な刺激を受けることによって効果が現れる。

 

その効果時間は8時間や36時間継続されるといったものです。
こういった「医薬品」がもたらすような効果を期待して利用されている方であれば、効果なしと判断しても仕方ないでしょう。

 

ただ前提として覚えておくべきなのは、シトルリンはあくまでも「アミノ酸の一種」だということ。
アミノ酸というのは、栄養素であるということです。
しかも体内で作り出すことができる栄養素だということ。

 

更にシトルリンの特徴は、体内においてアルギニンに変化することなどが挙げられます。
栄養素はあくまでもビタミンやミネラルといったものと同じです。
つまり、眠気覚ましや栄養ドリンクを飲んだ後にしゃっきりしたような気分や、スキっとしたような感覚は実感出来たけれど、医薬品ではありませんから、それを使った時のようにギンギンに目が冴えるなんてことはないのです。

 

効果がないということはない

栄養素の一つですから、即効性や急激な変化は見られません。
しかしながら、若いころと比較して、中高年になると、どうしても身体が重いだとか、下半身の元気がないという状態になります。

 

これは若い頃には当たり前に流れていた血流が、食生活や生活習慣によって乱れ、それまでの状態とは違っているようになった。
血管も老化した。
それはシトルリンの生成が若いころと比較して、衰えているからです。

 

それをサプリメントで補給をすれば、それまでの機能を取り戻すことが出来るのは、最大の効果とは言えないでしょうか。
ですから、特に「衰え」を感じた方は効果が実感でき、若い方は効果なしと判断することが多いのです。